仕事の出張先でウィークリーマンション生活

仕事で2週間、地方へ出張がありました。いつもはビジネスホテルを2週間借りて過ごすことが多かったのですが、今回はどこも宿が満室だったためウィークリーマンションで生活することにしました。

マンション探しはこのサイトを利用しました。

ウィークリーマンション24時

ウィークリーマンションで生活するうえでの利点は「洗濯と電子レンジ」です。
洗濯についてはコインランドリーを探し開閉店時間や周囲の目を気にしたり、ホテルに頼んだ場合コスト高になることを考えると、洗濯機が常備されているウィークリーマンションはとても便利です。

電子レンジがあればコンビニやスーパーで買ってきたものを温めたりすることができます。温かいものをすぐ食べることができるので体に良いです。また場所によっては調理器具付のところもあるので、その場合は自炊もできるので出張中外食尽くしで胃がもたれるなどという心配も無用です。
一方で不便な点もあります。それは「掃除とゴミ出し」です。

ホテルであれば掃除とゴミ出しはやってもらえますが、ウィークリーマンションは自分でゴミ出しや掃除をしなければなりませんので手間がかかります。出張先で使用する場合、自分の普段住んでいるところと分別の仕方も異なることが多くストレスが溜まります。

以上のように私がウィークリーマンションで2週間過ごしてみて感じたのは出張中、自分の時間が多く取れるならばウィークリーマンションで自分のペースで生活をしたほうがストレスなく生活できると思います。

ビジネス対応のマンスリーマンションに暮らす

ビジネスマンが普段の自分の仕事を愉しんで素敵な毎日を送っていくにはマンスリーマンションを有効に活用する事は大変重要な事となるのです。

敷金0円賃貸をみるとマンスリーマンションの良さがあります。

安心して自分の好きな住まいに住む事で快適な生産性と仕事の両立を図っていく事ができます。マンスリーマンションは大変重要な役割を果たすのですからその点を十分に理解する事で快適なビジネスを自宅で過ごす事ができます。

普段の自分のビジネスを円滑に行っていくためのインターネット環境や宅配ボックス等、今や高級マンション並の設備やその他のサービスを提供してくれるのがこのようなマンスリーマンションの大きな特徴となるのです。

普段からこのようなマンスリーマンションを上手く活用していく事で安心して素敵な毎日を送っていけます。普段の自分の生活を大変シンプルにするにはこのような住まいを自分で探していく事が重要な事となるのです。是非、自分らしい住まいを費用や立地の面から選らんで快適な時間を愉しんでみてはいかがでしょうか。

会社がマンスリーマンションを借りてくれ、そこに引っ越しました。

3・11の後、計画停電やガソリン不足があったので、私が勤めている事業所は中部電力を使っている長野県松本市に一時移る事になりました。子供達も皆大きくなっていたので、2か月間家を留守にしましたが、そう不安はありませんでした。

会社がマンスリー24時でマンスリーマンションを借りてくれ、そこに引っ越しました。部屋を開けると、まず廊下が3~4mも続いていて、その先のドアを開けると住居空間になります。
手前2m位はトイレでした。その次にお風呂場、ごく小さなIHクッキングがあるキッチン、冷蔵庫の上に電子レンジ(単期能)が乗っていました。

冷蔵庫の横に幅20cm位だったでしょうか、幾つもの段が付いた物入れがあり、調味料やお皿等を入れられました。

住居空間は6畳程でしたが、梯子で上に上がった所に布団を敷いて寝られるので、いちいち布団を片づけなくても、友達を呼ぶことも出来ました。

小さなテーブルと椅子があり、クローゼットは一人用としては十分な広さがありました。

ただ、不思議だったのは、トイレが我が家より広かったのです。便器の前は70~80cmはあったでしょうか?この広さは無駄で、トイレを狭くしてキッチンをもっと広くして欲しかったです。

でも、これは自炊をしない男性などには、キッチンが広い事はあまり意味が無いのかもしれません。
IHクッキングヒーターは1つだけ。その隣でまな板を使い、その横が流しでした。普段5人分の食事を作っていたので、酷く面喰いましたが、2か月もいると慣れてしまうものですね。

若い子なら、ロフトのベッドも楽しいでしょうが、40代の私には急な梯子が少々怖かったです。3・11の余震は思ったより少なかったですが、私は2階建てのマンスリーマンションの2階だったので少しは安心出来ました。

初めて使ったマンスリーマンションでしたが、周りに魚介類で有名な大きなスーパーやら、農協やら100均やら携帯会社まで結構何から何まで揃っていたので、便利に過ごせました。

マンスリーマンションの広さもロフトのお陰で一人で暮らすには十分な広さがあり、同僚共土日にはお互いの部屋を訪ね合ったりして、結構楽しく過ごせました。

マンスリーマンションを有効に活用する方法とは

自分の好きな住まいに住んで快適な時間を愉しんでいく事は多くの方にとっても大変重要な意味を持つのです。

普段から自分らしく素敵な時間を愉しんでいく事で快適な住まいで癒やしや仕事の生産性を上げる事ができます。マンスリーマンションは多くの方にとって快適な環境で暮らしていく事を約束してくれるのです。

マンスリーマンションは家族で転居などをしていく際にも大変有効な方法となりますので、上手く使っていく事で安心して快適な環境で自分らしい楽しみを満喫する事ができます。

やはりマンスリーマンションでは多くの方が好きな生活を初期の負担なく過ごしていけるのが最大のメリットとなるのです。

好きな家で暮らす時間をいかに快適にしていけるかどうかはやはりこのような住まいを大切にしていく事で安心して普段からの生活を自分で守っていく事と大きな関係があるのです。

普段から大きな家具や高額な家電を用意しなくても愉しんで生活を送っていけるのがこのようなマンスリーマンションの大変大きなメリットとなるのです。

出張先でウィークリーマンションを利用

張は週単位で移動することが多く、地域によってウィークリーマンションが充実しているので利用するようにしています。

キッチンも付いているので、ウィークリーマンションへ戻った時、調理ができたり、自分が好きなものを簡単に作ることができ、ビジネスホテルに比べると経費を抑えることができるので会社側もウィークリーマンションを使用するよう推進しています。ビジネスホテルと比べてみると、ウィークリーマンションはリラックスできるのは便利です。

インターネットで簡単に出張先でのウィークリーマンションの手配ができるので、とても簡単ですしスムーズにできるので、隙間時間を利用して予約できるのは便利です。何度かウィークリーマンションを利用していると、メールマガジンにて案内がくるのでお得なキャンペーン期間中は、お手頃価格にて予約することもできますし、不動産会社からウィークリーマンションの情報は定期的に届くように設定しているので、すぐ利用したい場合などネット予約が簡単にできるのは便利です。

月に2回ほどウィークリーマンションを利用することもあり、そういう場合は先に手続きを行い、お得な価格にて予約することもできますし、出張費用なども目処が立ちやすいのでなるべく早めに手続きするようにしています。市内中心部で便利な場所にウィークリーマンションがあることが多く、レンタカーを利用した場合も駐車場を借りることもできるため活用範囲が広いです。